【2017/06/24付】B-spaceさんへの納品情報


6月3回目のB-spaceさんへの納品です…。
どうした私!?ってな感じですが、7月頭には月箱さんからの在庫がどっちゃり返ってきますので、My在庫箱が溢れる前にと思いまして。
品数はいつもよりは少なめですが、よかったら見てやってくださーい。

【ご注意】
以下の作品は既にB-spaceさんに納品済みのもので、自家通販は行っておりません。
お店のお近くの方、付近に立ち寄られた方は是非見て行ってくださると嬉しいです。


夏向きの作品は、前回のでラストにするつもりだったのですが、さらに2つ作ってしまったので納品しました。

ネックレス新作

左から、
水晶×ペリドット×プレナイトの涼感タッセルネックレス(48.5cm+アジャスター7cm:タッセル部分除く) ¥1100+税
キュービックジルコニアパーツとチェコビーズのネックレス(52cm+アジャスター6cm) ¥900+税

左のは、水晶のランダムカットを氷に、銀色のチェーンタッセルを流れる水に見立ててみました。
小さな丸玉がペリドット、さざれがプレナイトです。
右のほうは、先端のジルコニアパーツがポイント。しずく型の枠にジルコニアをぎっしりランダムに埋め込んであるらしいです。
ネックレス部分は、透明感のあるチェコビーズの多色使いで仕上げました。



ピンク&レッドカラーの新作

あとは、今回は在庫箱(実はかなり作り置きがあるのです…)を見たら、ピンク×レッドの組み合わせで作ったものが多かったので、それらをピックアップしてみました。
私自身が暖色系のイメージがあると色んな方から言われるヒトなのですが、実際に一番好きな色は緑、次がオレンジ、山吹…でピンクや赤はあまり使わない方だと思っていたのですが、気がついたら結構作っていましたね(笑)
写真、ネックレスとイヤリングがごちゃ混ぜになっていますが、まずネックレスから。

左から、
ハート型ランプビーズとガーネットのネックレス(41.5cm+アジャスター6.5cm) ¥450+税
チェリーレッドな丸玉のショートネックレス(40.5cm+アジャスター6cm) ¥850+税
ローズクォーツ・ピンクトルマリンとボタニカルパーツのネックレス(49cm+アジャスター6.5cm) ¥1550+税
大玉赤系ランプビーズとピーチカルサイトのネックレス(43cm+アジャスター6cm) ¥800+税

どれも気に入っているポイントがあるのですが、中でもチェリーレッドな丸玉は、本当に果物みたいなみずみずしい赤で美味しそうです。
ボタニカルパーツのは、私にしては珍しく!?正統派フェミニンの道を行ってみました。
ローズクォーツとピンクトルマリンの組み合わせは、確かパワーストーン的にも相性が良かったはず…(詳しいことは覚えてない)
大玉ランプビーズは、集合写真ではわかりづらいかもしれないと思ったので拡大写真も撮っておきました。

La,Karuさんのランプビーズ大玉

すごく綺麗でしょう?
私は実はもっと大きいのを持っているんですけど、精密で本当に素晴らしいです。
ピーチカルサイトは、売り物に使うのは初めてかと思いますが、ローズクォーツよりややサーモンピンク寄りかな?写真よりはピンクですが。
オークル系の肌にも合うピンク♪と私は勝手に思っています(ワタシがオークル系なんだわ…)
ただ、ローズクォーツに比べるとかなり硬度が弱い石なので、取り扱い注意ですね。


それから、イヤリングのご紹介。場所がバラバラで申し訳なく…!
左上から下へ、
ツイストランプビーズとローズクォーツのピアス風イヤリング ¥400+税
染クォーツのダブルドロップイヤリング ¥700+税
右端のが、
マットランプビーズとローズクォーツのイヤリング ¥600+税
…になります。


なお、今回の作品に使用した手作りビーズの作者さん方は以下の通りです。
 ・ハートビーズ・ツイストビーズ・大玉:「La,Karu」さん
 ・チェリーレッドな丸玉:「TSUKIMI BEADS」さん
 ・マットなランプビーズ:「Melting Point」さん
いつもお世話になっています。どうもありがとうございます。
手作りビーズを作品にするときは、他の物にも増して、どう素材を生かすかという点に悩みますね。

それでは、今回も気に入ってくだあるものがありましたら、どうぞよろしくお願いいたします。


追記:
夏物の納品はこれでお終い、みたいなこと書きましたが、月箱さんから在庫が返ってきたら、その中で夏っぽいものは検品&値札の付け替えだけして7月中とかに納品すると思います。
できればその前に売れて欲しいけど残り数日じゃ無理か…。
あとは次回こそまたタティングものも納品したいですね~。頑張る。
スポンサーサイト

とても嬉しいこと♪


こうして素人なりに手芸作品を制作販売していて、一番嬉しいことは、私の場合、苦労した作品や特に気に入っている作品が売れることです。
もちろん、どの作品も売れたらすごく嬉しいのですが、長い時間をかけてデザインや仕上がり具合に悩みながら仕上げた作品が、どなたかのもとにお迎えいただけるのは、金額の多寡に関わらず本当に嬉しいです。

今回は、先日納品したばかりの「花びら型ビーズの華イヤリング」。
イベントで「TSUKIMI BEADS」さんのとても凝った形のビーズを入手し、どうしたらこの形と色が生かせるか…すごく悩んだ作品でした。
(そして、最後の最後、モチーフが出来上がるよ!という瞬間に丸小ビーズが割れて片側作り直し…という苦い思い出も…笑)
ボックス販売という形態ゆえ、どんな方が買ってくださったのかわからないのが残念なところではありますが、沢山使ってもらえたらいいなと思います。


余談。下の写真は、今色合わせ中の天然石たちです。

只今色合わせ中(キャンディクォーツ+アンティゴライト+アイドグレース)

8mmの大玉がキャンディクォーツ(染)、6mmの中玉がアンティゴライト、小さいボタン型がアイドグレース。
なかなか気に入っている色合わせで、イヤリングか何か作りたいなと思っているのですが、アイドグレースの穴が小さい(多分ワイヤー使い用。#26は楽に通ると思うけどピンは厳しい)のでどう仕立てるか悩みます。

ダリアのコースター途中経過


ダリアのコースター途中経過

青葉のコースター(完売済み)以来久々に、コースターを作っています。
写真はまだ2段目だから何だかよくわからないと思いますが、ダリアのコースターになる予定です。
大好きなオレンジ色の濃淡で1枚ずつ編んで、また2枚セットにして販売する予定です。
次回納品には間に合いませんが、出来上がったらまたボックスの隅っこにこそっと置いておきますのでよろしくお願いします。

前回の青葉のコースターでは、コースターという濡れる&洗う可能性がある雑貨アイテムなのに、アイロン用霧吹きの水だけではがれてきてしまう水性ボンドで糸端を始末してしまうという大失態を犯してしまったので、今回は多少の水分・手洗いには耐えられるというボンドを買ってきました(笑)左に写ってる奴ね。
でもこれくっつくの遅い!いつもの水性のほうが綺麗に仕上がる!
これは雑貨用ということにしておこう…。

ちなみにこのコースター、今編んでいる2段目はシャトル2個使いなのですが、右側に写っているのは、伊勢丹のイベントで買ってきた「BJ*sumire」さんのオリジナルシャトル“桜色”です。
淡いピンクがとても上品で、気分が上がります。
「BJ*sumire」さんのところも、素敵なタティングやビーズの作品がいっぱい…。
私ももっともっと頑張らなきゃ!と思いますね。
とりあえず、今はダリアを形にすることを頑張ります。

淡水パールのめがね留めチョーカー【Not for sale】


ライス型淡水パールのめがね留めチョーカー

母から頼まれて、ライス型淡水パールをひたすらアーティスティックワイヤーでめがね留めしただけのチョーカーを作りました。
こういう単純作業は大好きです。
淡水パール、照りや艶が素敵な連ものだったのですが、サイズや形がちょっと不揃いだったので、なるべく揃ったものを選んで使って、まあまあ綺麗にできたかと思います。
喜んでもらえるといいな。
そして、明日は父の日だそうですが、何もプレゼントを買っていません。
父上、ごめん…。


話変わりますが、以前作ったタティングのコースター、絶対売れないだろうと思っていたら比較的すぐに売れたので、また違ったデザインのものを作ろうかなと試行錯誤中です。
次回納品には確実に間に合わないし、試行錯誤中すぎて、まだ写真出せないですけど(笑)

猫もいいけど熊猫もね♪【Not for sale】


上野動物園での久々のパンダの赤ちゃん誕生に世間が賑わってますね…。
めでたいニュースはいいことだ♪
今度こそ、すくすく元気に成長することを願っています。

アトリエKozaikuさんのパンダビーズ使った根付け

私も、かなり前に買ってそのままになっていたアトリエKozaikuさんのお座りパンダちゃんを使える形に仕立て上げました。根付けです♪
ん~、でも、白の根付け紐ってすぐ汚れちゃうだろうか?
パンダだから白か黒!と思って、手持ちにあった白をチョイスしたのだけれども、紺×金の根付け紐も在庫で手元にあるので、変えちゃうかもです。


。*゜*。,。*゜*。,。*゜*。,。*゜*。,。*゜*。,。*゜*。,


猫と言えばですね(前回書き忘れた)、今とっても気に入っている写真集があるんです。
それは、岩合光昭さんの「ねこの京都」
岩合さんといえば、BSプレミアムでやっている「世界ネコ歩き」などで有名だし、ご存知の方も多いと思います。
そして、“猫を撮る人”のイメージも強いですよねー。
うちにも何冊か、写真集が転がっております(私が買ってきたものは1冊もない。家族が買ってくる)
家にあるのは全部見てますが、今回の「ねこの京都」は本当に一押し。素敵です。
ワタシは、京都観光に行ったことに行ったことがないという珍しい?ヒトなのですが、京都に行きたくなりますし、京猫に会いたくなること請け合いです。
ああ、ブルちゃん、君、なんて美しく可愛いんだ~!!
(勝手にメスだと思っていたから、男の子だと知って驚いたけど)

| Kanata.のビーズ&タティング記ホーム | 次ページ