アメトリン――魅惑の一粒


大粒のアメトリン

アメトリンです。
初挑戦の石です。いつかは使ってみたいと思っていましたが、今回気に入るものがあったので入手。
アメジストの紫から、シトリンの琥珀色へのグラデーションが非常に美しい石。
しかも大きい。縦12mm×横8mmほどもあるドロップカットで、ころんというより“ごろん”という感じです。カットも大変美しい。
もうすぐ母の日もあるし、母が気に入らなければ自分で使えばいいや~と思って購入したのですが、案の定母上が気に入ったようなので母の日プレゼントになる予定です。
ネックレスになる予定なのですが、金具やチェーンはゴールドフィルド希望ということで、嗚呼、諭吉さんとまでは言わずとも、一葉さんは飛んでいきますね~ひらひらひら。

こういう、色が淡くグラデーションのある石は、綺麗に写真に撮るのが難しいです。
性能のいいデジカメでもあればそうでもないのかもしれませんが、私は全部スマホで撮っているので…。
スマホ用のカメラアプリも色々あるようですが、種類が多すぎでよくわからん。


。*゜*。,。*゜*。,。*゜*。,。*゜*。,。*゜*。,。*゜*。,


閑話休題。
タティングのコースターは1枚無事に編み上がりました。
いずれ色違いで同じものをもう1枚編んで、2枚セットにして納品する予定です。
スポンサーサイト

タティングと私と


現在制作期間のため、これといった更新のネタがないのですが、なるべくブログは更新したいと思っているので、そんな時はぼちぼち過去のお気に入り作品の写真でも公開しようかな~と思っているところです。

というわけで、今回は過去に作ったタティング作品について。
私がタティングレースというものに出会ったのは、何年か前の日本ホビーショー、Aphyu(アピュー)さんというお店のブースで、ミャンマーの若い女の子たちが作ったというレースモチーフを縫い付けたポーチを購入したのが始まりでした。
普通に手芸店で売っている機械的なレースとも、レース編みで作った作品とも違う何とも魅力的なレース…しかしそのモチーフを作る女の子たちは、政情不安のミャンマーという国で、生計を立てるためにタティングを習うのだと聞き、生計を立てられるようなレベルの技術が必要なのであれば、私が習得するのはとても無理だろうなと思っていました。
一応、図書館などで蔵書検索をしてみるも、やはりとても説明が難しく、しかも載っている作品はドイリーなどの大物ばかり。2~3冊見ただけで、道具も揃えず挫折してしまいました。
だが、しかーし!2015年の秋ごろ、私はある1冊の本と出合うのです。
その本は、sumieさんの「はじめてのタティングレース」(ブティック社刊)。
これに載っている作品は、どれも本当に小さくて可愛いんです。
これは絶対に作ってみたい!!そう思って私は、この本と道具一式を揃えました。
(必要な道具やスペースが多くないところも、タティングの良いところ)
…まあ、それで、すんなりと作品ができるようになったわけではないんですけどね。
不器用なワタシ、最初のダブルステッチひと目編むのに半年弱とか躓きましたから…(ひたすら遠い目)
でも、まあ、何とか基礎が編めるようになって、少しずつ作品が作れるようになりました。
残念ながら、sumieさんの本は絶版になってしまっているものもあるのですが、それも図書館でチェック!チェック!
↓の写真は、私がsumieさんデザインのモチーフを編んで作ったくるみボタンのヘアゴムたちです。
(全部、色や糸など多少のアレンジ入っています)

過去作品(タティング習作)

一番下の作品だけは、sumieさんではなくpeikkoさんという方の本に掲載されていたレシピをアレンジしました。
この方の作品もとっても素敵です。今までに3冊くらいタティングアクセサリーの本を出されているようです。
sumieさんとpeikkoさん。本を出されている方の中では、私はやっぱりこのお二方の作品が好きですね。

で、私の作品の話に戻ると、上の写真に載せたような小さなモチーフを試行錯誤して沢山編んで練習した後、自作デザインの作品制作を始めました。
ダブルステッチがやっとできるようになったのが去年の初夏ですから、まだ1年も経っていないことになりますね。
それで12月にはオリジナルモチーフ作品を販売開始しているんだから、無謀もいいところです(笑)
まだまだ未熟だし、正直売れ具合もビーズ作品と比べたら大変芳しくないのですが、それでもちょっとずつでも作っていけたらいいなと思っています。

今は、初の大物(?)コースターに挑戦中。現在こんな感じです。

タティングコースター作りかけ

リズベスレース糸#20を使用。やっぱりリズベス最高。
上手く仕上がれば、そのうちひっそりボックスに納品されると思います。
納品されなかった場合は…まあ、そういうことです。所詮はアマチュアですから。

ちょっとしたお知らせ


B-spaceさんでは、通販対応をお願いすると個別に料金がかかるシステムなので、普段は通販の方はお願いしていないのですが、先日納品した「ラピスラズリとトルコ製パーツのオリエンタルネックレス」の1点だけは、高額商品であることもあり、通販にも対応していただけるようお願いしてありました。
そして、いつの間にか通販準備が完了して申し込めるようになっていたようなので、神保町には行かれないけどネックレス欲しいよーと思ってくださる方がいらっしゃいましたら、是非ともよろしくお願いいたします。

B-spaceさんのネットショップはこちらです。

しかし…税抜き5700円だと税込みでは6000円を軽く越えてしまうのね。税金高い。

チャーム留めとの闘い


結構沢山あった作品在庫も、昨日の納品で粗方なくなり、またまた次なる作品を鋭意制作中です。
が、次回作のメインはやはり“夏っぽいもの”。
つまり、ネックレスは襟開きの大きい服に映えるような、チェーンに天然石やビーズを下げただけのシンプルなものが良いと思うのです。
そこで。そういったデザインのネックレスを作るのに欠かせないのが、「チャーム留め」(ドロップ留め、という方もおられるらしいですが多分同じ作業)、つまり上部に横穴のあるドロップ型のビーズにワイヤー加工して、ネックレスに吊るせるような形にする作業なんですが、私はこれがもう本当に苦手で…。
何しろ、ワイヤーが切れる!切れる!切れる!
1つの石をチャーム留めするのに10回以上やり直すことも珍しくないです(凹)
うーむ、でもこの作業、やり始めたばかりの頃は下手すると石の方をもいでしまって使用不能にしてしまっていたから、それをやらなくなっただけマシかな…。

チャーム留め

…というわけで闘いの記録↑
上段は左から、クリソプレーズ、エメラルド、プレナイト、ラピスラズリ。
下段は4mm×6mmの小さなチェコドロップガラスです。
ラピスラズリは、綺麗にパイライトの金色が浮き出ているのですが、写真には上手く写りませんでした。
このうち、エメラルドとラピスラズリは自分用、他は販売用に回す予定です。

【2017/04/15付】B-spaceさんへの納品情報


B-spaceさんに、2回目の納品をしました。計15点になります。
今回は、夏に向かう季節ではありますが、母の日前なので、その辺の需要(え?ない?そりゃ困った)を見越してややシックなものをメインに委託しました。

【ご注意】
これらの作品は既にB-spaceさんに納品済みのもので、自家通販は行っておりません。
お店のお近くの方、付近に立ち寄られた方は是非見て行ってくださると嬉しいです。

ネックレス

まずは、最大の目玉商品(笑)ネックレスをご紹介します。左から、
ラピスラズリとトルコ製パーツのオリエンタルネックレス(53cm+アジャスター7cm) ¥5700
ドイツヴィンテージビーズ(ブルーベル)のクリアーネックレス(59.5cm+アジャスター6cm) ¥1200
フランスヴィンテージとチェコビーズのアンティーク調ネックレス(63.5cm+アジャスター7cm) ¥1600


…ラピスラズリのネックレス、びっくりされましたよね。お値段…。
しかし、表面にとても綺麗にパイライトが現れたこの石、買わずにはいられませんでした。
品質重視の天然石ショップで購入したので、多分ものは確かだと思います。

それから、ブルーベルのネックレスですが、トップにあるオーバル型のもののみがドイツヴィンテージで、他はチェコガラスと淡水パールです。
このヴィンテージガラスは、裏にブルーベルの花が彫ってあるのですが、白い背景の上だとどうしても柄がよく見えないので黒い紙の上で撮影したらこんな感じ↓(背景は、子どもがよく使う折り紙です…笑)

ドイツヴィンテージビーズ(ブルーベル)

そして、フランスヴィンテージとチェコビーズのネックレス。これは難ありのため特価になっています。
値札にもしっかり注意書きは入れましたが、先端のリーフ型パーツのワイヤーの根元裏側に欠け(剥離)が生じてしまったので…。
その辺り、ご了承いただいた上でのご購入をお願いします。
(大変申し訳ありませんが、ノークレーム・ノーリターンでお願い申し上げます)



イヤリング

お次はイヤリングです。左から、
ブルーサンドストーンと淡水パールのイヤリング ¥800
レクタングル型シトリンとレモンクォーツ・水晶のユラユライヤリング ¥1100
しずく型淡水パールのオリエンタルイヤリング ¥750

特にコメントないです。
あえて言うならば、シトリン→レモンクォーツ→水晶のグラデーションは透明度高くてこれからの季節にもいいかと。天然石の合間に入っている特小ビーズも本金メッキのものを使うなど気を配りました。


ブレスレット

そして、ゴムブレス。左から、
紫陽花カラーのクリアー天然石ゴムブレス ¥1100
リョーライト・リバーストーンとイエロージェイドのゴムブレス ¥650

紫陽花カラーのはかなりのお気に入り作品。
使った石は、フローライト(グリーン)、水晶、ラベンダーアメジストです。
フローライトは弱い石なのでご注意を…。
高くなってしまったのは、ラベンダーアメジストがめっっっさ高かったからです。確かランクを表すAが3つくらいついてた。
なので、本当は12粒使いたかったけれど諦めました。

リョーライトは、私も初めて使った石なんですが色々な色が混じっていて面白い石だなと思いました。
まだ沢山手元に残っているので、他の石との組み合わせも試してみたいですね。


ヘアゴム

B-spaceさんへは初納品のタティング作品です。
タティング製お花と三つ葉モチーフのくるみボタンヘアゴム ¥650 完売御礼

お花の中に三つ葉があって、その中にさらにお花があるという何とも不思議なデザインになりました。
濃い緑色のグラデーションのレース糸を使用しています。
真ん中には、小さな小さなスワロフスキーフラットバックがぽちり。


フラワーシリーズ

そして、最後にご紹介するのは、月箱さんで始めたお花シリーズです。
シリーズといっても、それぞれの作品に関連性があるわけではなく、単にお花をテーマにした作品をまとめて紹介するだけですが。


一番右の長いネックレスが、
タティングフラワーひらひらネックレス(61cm+アジャスター6cm) ¥1300

残りの細かいのは、上段左から、
アンティーク風フラワージャラジャラリング(フリーサイズ) ¥750+税
アンティーク風ローズガーデンブローチ ¥750+税
チェコビーズのパープルフラワーブレスレット ¥500+税

下段左から、
ドイツ製ベルフラワービーズのアシンメトリーイヤリング ¥800
チェコ製ベルフラワービーズと飾りチェーンのイヤリング ¥550

以上です。
ちなみに、タティングフラワーひらひらネックレスは、長めのアジャスターの先にこんなのをつけてみました。

タティングフラワーひらひらネックレスのアジャスター

花座とラインストーンピンで作った小さなお花♪勿論、服に引っかかりにくそうな尖っていない花座を選んでいます。
こういう、オリジナルのアジャスター作るの好きなんですよ。
他にもアジャスターの先端部分までこだわっている作品結構多いので、実物を見ていただけるときにはその辺りにも注目していただけたら嬉しいです。


ではでは、今回の作品もどうぞよろしくお願いいたします。
次回納品時には、もう少し夏っぽいものを用意したいですね。


。*゜*。,。*゜*。,。*゜*。,。*゜*。,。*゜*。,。*゜*。,


関係ないですが。
今日、数年ぶり?というくらい久しぶりに携帯を家に忘れて外出してしまいました。
私、一世を風靡したポ●モンGOもやってないですし、そんなにスマホ中毒になっている自覚はなかったのですが、いざ忘れると不安になって…。
家族や友人の連絡先も、ぜーんぶスマホにだけ入っているわけですし。
やはり私も十分スマホ中毒のようです。
せめて家族の連絡先くらいは手帳にも書いておこうと反省した次第。

| Kanata.ぶろぐホーム | 次ページ